水苔

a.b,c

a

a苗が1cm〜2cmの小さい苗
カビが生えたり、褐変がおきた時などまだ葉が展開していない苗
ピンセットで取り出す。(基本的に大きな苗でもピンセットで取り出しています。) 苗が小さく根も1cmに満たない小苗です。
水苔は、水につけておくと夏場などすぐに腐りますが、木酢液500倍に浸しておくと2週間ぐらい腐りません。 水苔は硬く絞りポットの半分以下に軽くふわっと入れます。 ルートンは1−ナフチルアセトアミドで発根作用があります。
根だけに、つけます。 軽く植えつけます。 マキシロップは海草エキスで根の張りを強くしストレスに強く葉の色、厚みを浴します。4000倍
ジョウロやシャワーでなく小苗は霧状で水やりします。葉や根を傷つけると軟腐病になる苗が出ます。 ビニール袋に入れ完全に密閉して日の当たらない日陰に4〜5日起きます。 煙草の火などで3〜4日ごとに1つずつ穴をあけます。真夏でも日の当たらない日陰ですと苗も腐りません。苗の状態を見て安定したら10日〜1ヶ月で作場に出します。

大苗と小苗の混じった交配ビン 小苗はあと同様に植え込む。
根のしっかりした苗は、水苔をしっかりと植え、苗の周りは硬めに植え込む。
小苗と大苗は別々に管理する
霧吹きか噴霧器で水遣りをする。 ビニール袋を密閉して日陰で栽培。 様子を見ながら穴をあける
苗出し後は苗がしっかりするまで噴霧器で水遣りをする。


苗が大きいのでままとめて植え込む ポットの底8ミリぐらい水苔を硬くごろ石の感覚でひく 硬めに植え込む
Be−1を埋め込む マキシロップを4000倍で1週間から10日毎日潅水 苗同士が競争するのか大きくなる。