体験談1

中島正治 65歳(静岡県修善寺)

余命の2ヶ月と喉頭がんから生還

 10年前に胃ガンで胃の3分の2を切断し5年前に肺に転移した。それも手術し克服した。この間、抗ガン剤や放射線治療も行ったが、この副作用は非常に辛いもので体験した人でなければ分からないだろう。
 2003年に喉頭ガンを宣告された、体力的に手術は無理で抗ガン剤と放射線治療で行くと言われた。抗ガン剤の入った点滴を受けると1分もしないうちに体が辛くなる。
 従兄弟の嫁の妹が乳ガンになり「姫マツタケ」を飲んで術後の状態が誰よりも良かったこと聞き、姫マツタケの本、総合法令出版株式会社発行の「アガリクスの王様・姫マツタケの真実」をもらい読んだら姫マツタケを食べると抗ガン剤の副作用を抑えられるということが書いてあったので抗がん剤の副作用が無ければよいと思い従兄弟の中島睦雄に(株)ルイールを紹介してもらい「ソフトカプセルの姫マツタケ」と姫マツタケの摘出エキスを併用しました。後で分かったことですが喉頭ガンを宣告された時に家族に「余命二ヶ月ぐらい」と医者に言われたそうです。「
姫マツタケ」を飲み始めて6ヶ月位たった
ときに医者にガンも小さくなり体力もついてきたから手術を進められたが、体も元気になっていくのが自分でも分かっているので手術を断りました。それから6ヵ月後医者が完全にガンが消滅し治ったと言われました。「姫マツタケ」の免疫力の凄さを身を持って体験しました。(株)ルイールさんから免疫細胞とは、歳を取るともに衰えるから治った後も「ソフトカプセルの姫マツタケ」を食べていたほうが良いよと言われ自分自身もガンが3度も再発しているので今でも飲んでいます。免疫細胞を活性化すると4度目のガンの再発は無くなるような気がします。回りの人は「何の薬」を飲んだんだよと質問されるが私は「姫マツタケ」を飲んで、免疫細胞を活性化して自分の体は自分自身の力で治ったと言っても誰も信じてないようだ。