グループ蘭遊

新規会員募集中

2013年2月17日

 
 特別奨励賞を受賞




 作業風景



2012年2月20日

 
 奨励賞を受賞



2011年2月16日

4m四方の展示場所、 展示完了、朝8時半より午後10時半まで会員全員で造作しました

2011年2月17日
世界らん展の展示のためエビネを加温しましたが、開花しませんでした。12月が暖かかったので寒さにあたっていないためと考えられます。日本エビネ園の協力によりどうにか展示できました。

2011年2月6日

蕾がだいぶ生長してきました。「えびね栽培日誌」のようには上手く成長しません、今のところ1割五分の打率です。

2011年2月1日

やっと一株花芽が見えました。

2011年1月23日

やっと芽が動き始めました。今年は成功するか分かりません。開花するまでイライラする妃がつずきます。

2011年1月4日
世界らん展日本大賞2011に向けて展示用のエビネを加温始めました。リンクしている「えびね栽培日誌」を参考にして、今年はがんばりたいと思っています。

加温

1坪用の加温器

加湿

水が4リットル入る
1日中つけっぱなし
中央にぶら下がっているのは温度センサー

換気

温室内の熱い空気を外に出す。
1坪弱の小さな温室のため冬でも暖かい日は温室内は35度ぐらい上がる。
換気扇の外側

換気

外の冷たい空気を入れる換気扇 20度にセットした換気専用のセンサー

換気

温室内の空気を循環させる。
つけないと上と下では6度以上差が出る。

照明

上につけた照明 タイマーで管理する

2010年2月16日

世界らん展日本大賞に「グループ蘭遊」展示

今回賞は取れませんでした

10株加温しましたが1株しか
咲きませんでした。今迄で。
1番開花が難しかったです、

2010年1月28日

世界らん展に向けて「グループ蘭遊」の展示の制作

台の完成

@発泡スチロールでかたちにそろえる A原型を作り接着剤で固定 Bライターで石のように溶かす
C水溶性のペンキを2度塗り D油性のペンキを塗り乾かぬうちに小石を吹き付ける 完成

岩と石灯籠

岩@ 岩A 石灯篭@

2010年1月14日

世界らん展日本大賞に向けて展示用のエビネの加温を12月末から始めました

半坪用の加温器
室外の温室で狭いので外気温にすぐ左右され温度調節が大変です。
採光18度最低10度に設定しています。
温風器ですので湿度が10%になるので加湿器を使用して60〜70パーセントにしています
蛍光灯で日を取っています

芽の状態

芽が動き出したのが50パーセントぐらいです。今年の株は例年より花数が少なく少し心配です。
ぜんぜん芽が動きませんしかし急に花芽が動き始めることがあります。

2009年3月18日

世界らん展日本大賞2009でディスプレイ「雅」が愛好家クラスで奨励賞を受賞と紹介されました。

2009年2月13日

「グループ蘭遊」は奨励賞を受賞いたしました

2009年2月12日

14日から始まる世界らん展日本大賞の展示のアマチュア部門に参加しています。


2月11日と12日の2日間でディスプレイをします。
11日は午前11時より午後11時まで会員全員とお手伝い2人とで造作にがんばりましたが完成せず12日の午前中でどうにか完成しました。
今年は、前年より1週間早かったのでエビネを開花させるのに19回の中で一番苦労しました。開花名人がいるのでどうにか展示できました。またセッコクで有名な石井さん日本エビネ園さんより生の山苔を頂きどうにか完成しました。