光合成菌

私が光合成菌に興味を持ったのはグッピーを飼っていたとき糞を食べる微生物で、水の取替えが少なくてすむということでした。狭い鉢で栽培しているエビネにも効果があるのではとお思いました。病気をして抗生物質により腸の中の微生物が少なくなり乳酸菌などをたくさん取るようにいわれ植物も人間も同じだと思いました。以前山取りしたエビネを近くの林に何千株も植えていた方が数年後には土は固くなり「いやち現象で花は咲かなくなり株も小さくなってるのを見たことがあります。微生物が関係あるのでは。エビネは無菌培養でも培地が合わないと根の周りが褐色になり根の成長が止まります。葉も成長しません。これから微生物など研究したいと思います。

光合成菌

特徴
 土壌に有機物を潅水した際の悪影響を軽減し有用な放射線菌の増殖を助け生育に適した土壌環境に促進します。
 硫化水素や有浮機酸など根に害を及ぼすものを餌として植物の生育を良くするアミノ酸などを作り出す。

◎光合成菌は枯草菌や納豆菌と共生すると窒素固定力が高まり、またダニの発生を抑制する。

 ◎光合成菌はビタミン・ミネラル・微量要素を大量に含んだ微生物です。

 ◎ゴミなどの悪臭を取り除いたり、肥料や農薬をへらします。

 ◎日照不足や冷害生育障害にに光合成菌は植物の光合成を助けます
注意点
 
◎微生物は紫外線に弱いので、鉢土の上にミズゴケなどえお置くと良い。

使用方法

 ◎100倍〜1000倍で灌水か葉面散布

   光合成菌は硫化水素や有機酸など根に悪い物質をエサに増殖しながらアミノ酸を分泌する。
   光合成菌は極上のアミノ酸液肥でもある

 光合成菌入り発酵液肥

   光合成菌液2リットルに「B-1」(固形肥料)100gを入れエアーを入れてかきまぜる。
  

  光合成菌に「B−1」を入れる
   エアーポンプ金魚用
   冬なので金魚用のケースにヒーターを入れれる
   水をいれ暖めて発酵させる



◎光合成菌の増やし方


 光合成菌液10ccを水1,8Lに入れ「発根2」を5ccいれる
 数日であかくなる

 
 光合成菌の増殖に成功。光合成菌を少し多め
に入れ「発根2」も多めに入れた。気温25度ぐら
いで3日で増殖。


 「発根2」
  カツオの煮汁から抽出したエキスに微生物活性酵素をブレンド発酵した液体活力剤
  スルガエンタープライズ 0547−34−0692 

参考

現代農業10月号参考