姫マツタケ(岩出101株)の研究報告

姫マツタケについて
 1965年夏ブラジル・サンパウロ、ピエーデの山中に住む日系農家付近に天然に発生しているのを古本隆寿しが発見。
分類学者ベルギーのハイネマン博士に本郷博士を通じて鑑定。アガリクス・ブラゼイ・ムリルと判明した。
ハラタケ属のキノコに比べ形態的にも柄が太くて長く胞子の黒変が遅い。このキノコの特徴を表現したヒメマツタケと名付けた。
1999年9月24日にFDA(米国食品医薬局)にアガリクス(ハラタケ属)ノキノコ商品では初めて「免疫向上」と言う性質を持った栄養食品として正式に登録認可されました。


学術報告
1980年(昭和55年)
 第53回日本細菌学会総会
  抗腫瘍性多糖体によるC3toマクロファージとの関連について
 第39回日本癌学会総会
  抗腫瘍性多糖体の研究

1981年(昭和56年)
 第54回日本薬理学会総会
  抗腫瘍性多糖体の研究

1982年(昭和57年
 日菌報
  ヒメマツタケについて
 第35回日本細菌学会関西支部総会
  担子菌類の抗腫瘍性について

1983年(昭和58年)
 第5回日本薬理学会総会
  ヒメマツタケより得られたATOMの抗腫瘍性と抗腫瘍機作につい  て

1984年(昭和59年)
 第57回日本薬理学会総会
  ヒメマツタケより得られたATOMの抗腫瘍性と抗腫瘍機作につい  て
 第43回日本癌学会総会
  ヒメマツタケ由来多糖体ATOMの抗腫瘍性について
 医学と生物
  ヒメマツタケ由来抗腫瘍性多糖体における細網内皮系機能の活   性化

1985年(昭和60年)
 第44回日本癌学会総会
  マウス腹腔マクロファージにおける抗腫瘍性多糖体ATOM及び経  口投与の影響
 医学と生物
  実験的四塩化炭素肝障害に対するヒメマツタケの障害抑制効果

1986年(昭和61年)
 医学と生物
  ヒメマツタケの脂質画分の抗癌活性とマクロファージ活性
第44回日本癌学会総会
  ヒメマツタケ由来多糖体のATOMの腫瘍細胞への結合性につい  て

1987年(昭和62年)
 第10回糖質シンポジウム講演会
  ヒメマツタケから得られた抗腫瘍活性を示す中性多糖、酸性多糖  、蛋白多糖および核酸複合体について
 第34回日本食品工業学会大会
  ヒメマツタケの脂質に関する研究
 医学と生物学
  ヒメマツタケ由来多糖体の前投与によるハツカネズミSarcoma−  180固型癌に対する抗腫瘍子効果
 原色日本新菌類図鑑 (株)保育社
  263、ヒメマツタケ
 第46回日本癌学会総会
  ヒメマツタケから摘出された多糖体、核酸複合体及び脂質画分の  抗腫瘍効果

1988年(昭和63年)
 第47回日本癌学会総会
  ヒメマツタケ由来多糖体(FV−2b)の抗腫瘍性とその生物活性に  ついて
 静岡大学農学部研究報告
  制癌多糖類に関する報告

1989年(平成1年)

1990年(平成2年)

1991年(平成3年)
 第38回日本実験動物学会総会
  多糖体の抗腫瘍活性とマクロファージより急速なC3放出との相関
 アニテックス2巻6号
  BRMの癌分野への応用

1992年(平成4年)

 キノコの化学・生化学 学会出版センター
  ヒメマツタケ
 神戸大学共同開発センター年報
  キノコの免疫応答細胞賦活物質の検索及びそれら物質の分離と  化学構造特性

1993年(平成5年)
 医学と生物学
  細網内皮系活性作用よりみたヒメマツタケの経口投与による投与  スケジュールの検討

1994年(平成6年)
 感染症 藤沢薬品工業 第1号
  抗腫瘍多糖
 第2回キノコの効果に関する国際シンポジウム(韓国)

1995年(平成7年)
 医学と生物学
  姫マツタケと抗アレルギー作用
 第3回日本菌学会国際シンポジウム
  キノコの研究最先端

1996年(平成8年)
 第43回日本実験動物学会総会
  培養ヒメマツタケ岩出101株「ヒメマツタケ」とEhrlich腹水腫瘍細胞との結合  性について
 第55回日本癌学会総会
  岩出101株「ヒメマツタケ」由来の新規蛋白多糖体の抗腫瘍効果  とその作用機作
 医学と生物学
  ヒト進行癌におけるヒメマツタケとBRMとしての有用性

1997年(平成9年)
 第44回日本食品科学工学会大会
  ヒメマツタケ菌液体培養によって得られた菌糸体中の抗腫瘍活性  物質の分離、精製及びその構造について

第56回日本癌学会総会

 ヒメマツタケ抽出物の抗腫瘍効果及びメカニズム

1998年(平成10年)
 第57回日本癌学会総会
  抽出蛋白多糖体によるNK細胞の腫瘍侵潤性増強及び活性増強
 第57回日本癌学会総会
  岩出101株「ヒメマツタケ」菌糸体由来多糖体ATOMのマウスル  イス肺癌に対する肺転移抑制作用