斑点細菌病

褐斑病・黒星病・白星病

葉の周縁から褐変が始まり、やがて葉全体に広がることもある

特徴
最初は黄色または淡い褐色をしていて形も小型ですが、
次第に灰褐色から黒褐色になってきます
病原菌は、風のほかに雨や霧、露などでや伝染しますで やっかいです。


発生しやすい条件
湿度の高いときに多い傾向があります。
対処法

風通しや日照にも気をつけることも重要です

薬剤
薬剤は、ベンレートやジトップジンM、アタッキンなどを、葉の出る時期や梅雨時・秋雨の時期に
月に2〜3回の割合で病気が発生しやすい部分を中心に散布します。