ニオイエビネの変化

ニオイエビネは御蔵島で、咲いている時と東京で育ててとき,花形,花色、花間、花弁の厚さなどが変わり面白いです。
ニオイエビネの趣味家でも花色にこる人、花形にこる人、花間にこだわる人、臭いの強い花を求める人等個性があて
楽しいです。ニオイエビネの楽しみとして、花形、色では表裏が、同色だと花が透けて見えます。表に艶のある花も楽しみです。舌は、肩落ち(舌のヘの字とチュウリッペンの下がった)のは、なかなか大株にしても直りません。

御蔵島での花                  東京での花

島ではベタの花弁で空色 ベタとサラサの花弁の年がある
島では舌に色があり花形ふつう 梅弁になり舌は白色になる
島では花形中くらいの大きさブルー花弁 花が大きくなりピンクの花弁
赤紫弁だった 舌の形かわりブルー系の花弁
ヒヤシンス咲きだった ブルー系になり花弁も厚くなった
島では濃色にみえた 花弁の表は,艶があるが,色は薄くなった
島で濃藤色 東京でも色は変わらない