2014年我が家


ニオイエビネ(自然種)
御蔵島で自分で採取たり頂いた株は思い出があります。銘品も素晴らしくニオイエビネと巡り合い幸せです。
今年は、交配を少し休んでいましたが、交配を少ししたいと思いニオイエビネ銘花は、交配のためお休みです。

 4月14日   4月16日    
       
 御蔵産ニオイエビネ 南郷の紫峰  南郷の朝霧  南郷の小天狗
 ニオイエビネでは一番多い花色ですが、山取り
したときは、透明感があり花形も整っていました。
ありそうでなかなかないエビネです
4月初め植え替えたので花に力がない
南郷の山の峰で採取、発色が良かったが、東京
で栽培したら 艶が消えたが、花弁裏表同色で、
なかなか山では、見つからない。
 今年は、発色が良くないです。表にブルーが乗
りませんでした。淡色のブルー系は今年あまり
よくありません
 山取りしたときは、天花が連舌でした。ニオイで
初めての連舌花と喜びましたが花弁裏表同色で
あきない花です、

       
 南郷の響  江東  無名(南郷の4)  織姫香
 一度株を弱らせ5年ぶりに開花
今まで、御蔵島で見たニオイエビネでは一番大型
親株20輪以上つくと見ごたえがある
 江東園芸より頂いたニオイエビネ優しい店主で
した。
 正開咲で花間もよく御蔵島の山では目立ってい
ました。
 八丈島の亡Y園毎年、織姫香の名で違うニオイエビ
ネを販売してました。その年の良い花を織姫香と
いうことでした。とても感じの良い人でした。


       
 南郷の 久一   無名(南郷の1)    
 御蔵島の村長さんより頂く
ニオイエビネは香りで判別するそうです
 正開咲で花間もよく御蔵島の山では目立ってい
ました。
   


       
 カネサ園芸  カネサ園芸 カネサ園芸( 久紫)  カネサ園芸
 SY−1804
入荷したときは素晴らしい花でした。
ニオイエビネの栽培は難しいです
O−1219
入荷したときは、藤色の大輪でした 
ニオイエビネの栽培は難しいです
 思うような発色をしません  M20−2・2−2 思うような発色をしません




ニオイエビネ
(人工交配

 毎年どんな花が咲くか、朝早く起きるようになります。蕾は濃色でも表が薄い色でがっかりの時もあり、毎日ドキドキしています。

 4月6日    4月14日  4月16日   4月16日
       
  御蔵産ニオイエビネ×御蔵産ニオイエビネ
布袋(霧紫香×ニオイ濃紫香 )   赤道小町×霧の光  南郷の紫峰×南郷の響
  今年の初花、開花が今年は早いです。
舌に色が乗りますが、サラサで透明感のある。
今、白舌に人気がありますが、舌に色の乗る
ニオイエビネは御蔵島では多く懐かし思います
 九州のK氏より頂いた青味の強い花形の良い銘
花です、
 大輪で発色が良い  花弁の暑いがっしりした花

       
 貴陽×御蔵紫王、 青海×南郷の青 貴陽×愚美人   御蔵産ニオイエビネ×御蔵天響
 花色、花形は 赤道小町×霧の光似ている 愚美人とおなし色の発色  愚美人とおなし色の発色  花弁は厚いが、舌が下がる

       
貴陽×紫王     
 紫王の色が出ている。      




スイショウ()人工交配

 4月16日      
       
 御蔵王×御蔵輝星      
 銘品同士の交配からもスイショウが咲く      



ニオイエビネ系


 4月12日   4月14日  
     
 星宿海×御蔵紫王 星宿海×御蔵紫王  朝明紫鳳×霧紫香  彗星×御蔵輝星
 発色の良い色で透明感があります。   岡山のH氏の交配
 色の発色が良く目立つ花

       
 夢の紫(P1)  彗星×御蔵広宝   星宿海×御蔵紫王  悟空
 神津島のS氏より頂く
花色はまさに夢の紫
 W氏の交配   蛍光色の藤色  岡山のH氏の交配、伊豆の亡Y氏が栽培、懐か
しいい思い出がたくさんありました。

       
       
       





コウズ
(御蔵産コウズ)

   4月13日  4月14日  
       
 「御蔵黄梅」  御蔵産コウズ  御蔵産コウズ  御蔵産コウズ 
今まで春最初に咲くエビネでした。
何系統の黄梅がありますが、透明感の黄色系
御蔵島にはコウズも沢山自生しています。
 道路から3メートルも入らないところで咲いていた  私は、山取りしたときニオイエビネと思って採取
しました。距も長く細く、中片も細く、隆起線中央の
ものだけが明瞭で、両側の隆起線の発達はひじょ
うに弱い舌でした。ニオイの濃いコウズです
 御蔵島のS氏より頂く

       
 御蔵産コウズ  御蔵黄徳  黄香  
 御蔵のコウズの梅弁花  御蔵島のT氏の山に咲いていた株
畑のすぐわきに目立っていました
後冴えで橙黄の色が鮮やかな黄に変わる
 岡山のH氏より頂く、一緒に御蔵島へ行きました
船が大揺れで苦労した思い出
 



コウズ

       
 雅  紫水晶  紅天子  
 岡山のH氏より頂いたコウズ。今でも目立つ
花色です。
 群馬の亡A氏よりいただきました。
紫のコウズで最初に手に入れた懐かしい花です
スイショウでなくコウズです
 赤色の基本にしている。昔の名花
 




コウズ
(人工交配)

       
 紫式部×大紫  こだま×貴陽  霧紫香×島の輝  御蔵天女×御蔵白宝
岡山のH氏の交配   花弁が厚くがっちりしている  発色は1番良い花です  ニオイの強いコウズ


           
 天紫梅×娘      天紫梅×娘    
 発色よく青い      発色よく青い    





       
 雷(大紫香×ニオイエビネ)  (大紫香×ニオイエビネ)           (大紫香×ニオイエビネ)
 花が大きく迫力がある   花が大きく濃色    花が大きくピンク系




地エビネ
 
最近緑白の地エビネ、ミニの地エビネを集めています

       
 匂玉 鮮紅梅  小天狗   翆蝶
 栃木のM氏より頂く  赤花の基本色  奥羽産の地エビネ  昔からの蝶咲き緑白

       
 福娘      
 栃木のK氏より頂く      




           
                無名    平成の幻    
   栃木のA氏より頂く連舌  く  九州の20年前の地エビネ銘品    

       
 能登の緑風  翠冠雪  翆蝶  天竜梅
 石川県の能登半島で採取  M氏より頂く  三舌化の基本の花です  静岡で最高の梅弁花



地エビネ
(人工交配)

       
 鮮紅梅×伊豆の紅梅  利休梅    
 交配株なので元気よく9センチのプラ鉢に4株も
花が咲く、花弁の色は鮮紅梅に似るが、小輪で咲く
 九州のK氏より頂いた梅弁異数体と思われる    



自然種

 4月6日    4月9日 4月13日
 アマミエビネ    トクノシマエビネ  トクノシマエビネ
       
 「黄流」
日本エビネ園さんのアマミエビネの銘花
最近アマミエビネを見る機会が少なくなりま
した。寒暖の日のためか、花がごちゃごちゃ
と咲いて可哀そうです。
   「秀徳」
日本エビネ園さんのアマミエビネの銘花
世界らん展でも展示に出品されています
早咲きで、開花の目安になります
「井ノ川
日本エビネ園さんのトクノシマの銘花
鶯緑弁薄桃舌で清楚感があります。

蘭裕園
 東京ドームの世界らん展用の開花しなかった株、ジベレリン処理のため葉と根のバランスが崩れ、しかし3年ぐらいで開花します

 
蘭裕園
白花系の大輪肉厚梅弁